サーキット活動報告



2008年後半2008年前半 / 2007年後半 / 2007年前半

トップページに戻る

●12/16、PTG4時間耐久レース♪

キョウセイドライバーランド

PTG4時間耐久レース最終戦に参加してきました。

今回の結果はATクラス2位。
これにより年間ポイントでも1つ順位を上げて、総合2位を獲得しました。

今回は、もっと車を曲げやすくするため、そして接地面積を減らして加速を上げるために、後輪の空気をパンパンに入れていました。 (3.0Kくらい)。
そのため、後輪が非常に出やすく、いきなり予期せぬところで巻き込み出すというおそろしい車になりました。
これに乗ったドライバー5人が、全員1度はスピンしていました。
そのかわりコーナーはかなり速くなっており、また多少は加速も良くなって、追い抜きもしやすくなりました。
今まで加速が圧倒的に弱く、すぐに抜かれるわ、前が遅くてもなかなか抜けないわと苦労していたのが、 かなり改善されました。
怖いのに耐えながら、スピンしないように気をつけながらちゃんとコントロールしてやれば、かなり速く走れる車になったと思います。

PTG4耐は、出ている車がすべてFF車で、だいたいアンダーステアな感じで走っています。
その中で、うちの車だけがコーナーにドリフトアングルで突っ込んでくるという非常に絵になる車でした。

次回は、SRファクトリー走行会(岡山国際サーキット)の予定でしたが、参加できなくなりました。
その次は、現在確定しているのは2/15、エンジョイクラブグランプリ(鈴鹿サーキット南コース)ですが、 その前に、鈴鹿南コースに練習に行きたいと思います。
エンジョイクラブグランプリでは、前回は1300ccクラス優勝しましたので、今回2連覇を狙いたいと思います。

●12/5、鈴鹿ドライビングレッスン♪

鈴鹿サーキット

鈴鹿ドライビングレッスンに参加してきました。
2度目の参加です。

前回のドライビングレッスンは、午前中は座学とコーナーレッスンでしたが、 今回は、コーナーレッスンが、ハイスピード先導走行に変わりました。
このハイスピード先導走行、プロドライバーが先導走行をしてくれるのを追いながら、 レコードラインを覚えるというものですが、周回を重ねるごとに、スピードがどんどん上がって行きます。
最後の周回は、3分18秒台のタイムまで上がっていました。
ストレートとコーナーへの突っ込みはかなり手加減してのこのタイムですので、結構速いペースだと思います。

午後は、フリー走行ですが、前回は2本だったのが、今回は3本に増えていました。
座学、レッスン、アドバイス付のフリー走行3本で22,000円、これって相当安いですよね。

さて、肝心のタイムの方はというと、2分58秒。
なんとか3分を切れたのでよかったです。
このベストタイムが出たラップですが、2コーナーがうまく曲がれたと思いました。
スプーン2つ目で失敗したり、シケインで体勢をくずしてしまってふらついたりまでしたのにベストタイムとなったので、 2コーナーというのは相当大きいのだとつくづく思いました。
脇田コーチいわく、2コーナーのスピードで、S字〜逆バンク〜ダンロップ〜デグナーまでのスピードが決まるとのことです。

次回は12/16、PTG4時間耐久レース(キョウセイドライバーランド)に参加予定です。
次が最終戦、現在ATクラス総合3位ということで、総合2位を目指して頑張ってきます。

●11/7、トライアル走行会♪

岡山国際サーキット

トライアル走行会(岡山国際サーキット)に参加してきました。
やっと涼しくなってきて、車にもドライバーにも優しい季節になりました。

今回は初めて後部座席を外してみました。 外すときに相当重たかったので、かなりの軽量化になったと思います。 タイムは一気に3秒更新でき、ついに2分5秒台まできました。
しかし、やはり車というのは難しいものです・・・

タイムアタック1本目。
完熟走行中からいきなり車に違和感を感じました。 普通に曲がっているつもりなのですが、ずるずると車のリアが出てくるのです。
不思議に思いながら、とりあえず完熟走行1周を終えてピットイン。 そのままピットアウトしてまずは1周軽く流して走りましたが、 やっぱりリアが流れます。
それでもまあいいかと思って2周目、いきなりタイムを狙いに行きました。
さて、ホームストレート後の1コーナー。

ドライビングレッスンで何度も注意されたのが、 コーナーまでにブレーキを終えてしまって、 その後アクセルを踏みながら曲がっていくアンダーステアな乗り方をしているという点でした。 もっとブレーキを遅らせて、クリップ近くまでブレーキを引きずれと言われました。
ブレーキを引きずる(残す)ことで前に荷重がかかり、前輪のグリップが上がります。 また、後ろの荷重が抜けて後輪がすべりやすくなり、車の向きが変わりやすくなります。
分かりやすい例えとして、高速度でカーブを曲がっている途中で突然アクセルを離したりブレーキを踏んだりすると、 いきなり車が内側に巻き込んでいきますよね。
この理由は、ブレーキを踏むと、車は前のめりになり、前輪に荷重がかかります。 逆に言うと後輪は荷重が抜けて、少し浮くような感じになります。
外側に遠心力がかかっている状態では、このように前荷重になると、 前のタイヤは下に押し付けられてグリップする、 後ろのタイヤは浮くようになってグリップしないというようになりますので、 前のタイヤはグリップしながらタイヤの向いている方向(内側)へ向かい、 後ろのタイヤは遠心力によって外側に滑り出して、車は内側に巻き込んでいくことになります。
ブレーキを引きずる(残す)というのは、この状態を意図的に作り出せということです。 車が内側に巻き込んでいくということは、曲がりたい方向に車が向くということ。 前荷重にしなかった場合には絶対に曲がるのが無理な速度でも曲がれるようになります。
って、最初に聞いた時は無茶苦茶な話と思いましたが、速い人はみんなやっています。
ちなみに、リアが滑り出したのを立て直すのは、アクセルを踏んでやればOKです。 加速して後ろに荷重がかかるので、逆の現象、前輪が外に出ていって、アンダーステアになります。
(ただし、後輪駆動車は注意が必要とのことです。 後輪の荷重が抜けている状態でいきなり強くアクセルを踏み込むと、 後輪が空転して、ブレーキングドリフトになってしまうそうです。)

頭の中でそんなことを考えながら、さて1コーナー。 ブレーキを遅らせて、ブレーキを引きずりながら突っ込んで行きました。
すると、いつものようにじわっとリアが出ていくのではなく、 いきなりスピンしそうなくらいの勢いでズルっとリアが滑りました。
必死でアクセルを開けてなんとか乗り切りましたが、 その後の2コーナーではブレーキを踏んでいないにもかかわらずリアが滑り出します。
そんな車に苦戦しながらも3周回をなんとか乗り切って4周目、 あれだけオーバーステアを出しながら、まだ懲りずにブレーキを引きずって突っ込んでいったところ・・・
やはりリアが一気にブレイク。今度は立て直せずスピンしながら外のグラベルに突っ込んで行きました。
スピンしながらのコースアウトだったため、グラベルに深く沈み、 アクセルを踏んでも空回りするだけで抜け出せず。 あきらめて車を離れました。
1本目終了。
ただ、こんな状態だったにも関わらず、タイムはなんとベスト記録、2分7秒台。 軽量化の効果はかなり出ているようです。

1本目と2本目の間に、トライアルさんに相談したところ、 後部座席を外したことで、後ろだけが軽くなり、 そうでなくても前ばかりが重いFF車なのに、余計に前に重心が偏ったため、 ずっと前荷重の状態になってしまっているとのことでした。
とりあえず応急処置。
前の踏ん張りを減らす(ロールしやすくする)ために、前のサスペンションの減衰圧を4→3へ。 (NISMOのサスペンションは減衰圧は4段階。1柔らかい→4硬い)
後ろをロールしやすくして急にブレイクさせないようにするために、後ろのサスペンションの減衰圧を3→1に。
後輪のグリップをかせぐために、後輪の空気圧を2.0→1.8に。

さて、2本目。
応急処置が効いて、いきなりリアがブレイクすることはなくなりましたが、 ロールが大きくなったため、動きが鈍くなってしまいました。
それでもなんとか頑張って、2分6秒台。自己ベスト更新。
1本目は車をコントロールするのに必死で気づきませんでしたが、 軽量化のおかげで、ストレートスピードがかなり速くなっていました。

2本目と3本目の間。 トライアルの方のアドバイスで、後ろの車高を下げてもらうことになりました。
減衰圧はもとに戻して、前4、後3。
タイヤの空気圧は、今度は前を落として2.0→1.8。

3本目。
トライアルの方のアドバイスに従ってセッティングしましたが、 実は、走り出すまでは、「車高を変えただけで、減衰圧を戻してしまって本当に大丈夫なのか」と、半信半疑でした。 (トライアルの担当者さん、すみませんでした。)
さて、実際に走ってみると・・・。
うそのように、オーバーステアが消えています。今まで通りの感覚で乗れます。
これで思いっきり攻め込めるようになり、3本目もタイム更新できました。

走行後に聞いてみると、車高を下げたのはたった3mmだったそうです。 たった3mm車高を下げただけで、車の動きが変わるとは・・・。 車のセッティングって奥が深いものだと、つくづく思いました。
それとともに、トライアルさん、さすがプロ。 「俺が一瞬神様に見えたやろ?」とかぬかしておられましたが、 確かに今回はかなり感心してしまいました。

次回は12/5、鈴鹿ドライビングレッスン(鈴鹿サーキット)に参加予定です。
さらなるレベルアップを目指して頑張ってきます。

●11/4、PTG4時間耐久レース♪

キョウセイドライバーランド

PTG4時間耐久レース第5戦に参加してきました。
結果は2位。着実に表彰台に上れるレベルになっています。
これまでの成績は、
第1戦:不参加
第2戦:優勝
第3戦:3位
第4戦:7位
第5戦:2位
第4戦で給油の際にバッテリーがあがってしまったのを除くと、 参加したレースでは確実に表彰台に上っています。
総合ポイントでは3位になっており、 次回最終戦でなんとか総合2位を狙いたいと思います。

今回は私もそこそこ乗れるようになってきたような気がしました。 鈴鹿ドライビングレッスンが効いていると思います。
それと、この耐久レースのチームメイトがとてもうまい人ばかりで、 その走り方を参考にしたり、教えてもらったりしながら走っているのも、 ものすごく勉強になっています。
やっぱり、走行会だけでなく、いろいろなイベントに参加してみる方がいいと思います。

次回は11/7のトライアル走行会(岡山国際サーキット)に参加予定です。
だんだん車の乗り方を分かりはじめてきたような気がしますし、また涼しくなってきていることから、 次はきっちりタイムを更新したいと思います。
心配なのは、雨とそろそろ限界をむかえているタイヤでしょうか。

●10/14、トライアル走行会♪

セントラルサーキット

トライアル走行会(セントラルサーキット)に行ってきました。
前回、鈴鹿ドライビングレッスンに行ったのが効いている気がします。 タイムが以前より4秒縮まりました。

2回目ということでコースに慣れてきているせいもあると思いますが、 それ以上に、走りながらちゃんとコーナーの曲がり方について考えるようになったのが大きいと思います。
例えば、アクセルを踏むコーナーとブレーキを引きずって車を回すコーナー、 それぞれのコーナーがどちらなのか、考えながらいろいろ試せるようになったと思います。
ただ、セントラルサーキットのどのコーナーをどのように曲がればいいのかはまだ分かっていませんので、 何かご意見があれば教えてください。
(特に1・2コーナー、4・5コーナー、9コーナーの3つの複合コーナー。 1つ目を突っ込んで2つ目で車を回していくのか、 両コーナーを1つとしてコーナー半ばまでブレーキを引きずっていくのか・・・。 どう曲がればいいんでしょうか?)

あと、大きく変わった点といえば、ブレーキング時やコーナリング時の車のふらつきに対して、 ほとんど恐怖感がなくなりました。
鈴鹿が圧倒的に速度域が高かったので、 セントラルのどこを走っていても「鈴鹿よりはまし」という感じになれました。
このおかげで、今まで以上に攻め込めるようになったと思います。

さて、次回予定は11/7日のトライアル走行会(岡山国際サーキット)ですが、 参加できるかどうか微妙です。
参加できるようであれば、前回よりも1秒アップを目指して頑張りたいと思います。
涼しくなってきたことと、運転が変わってきていることから、可能なタイムアップだと思います。

●9/25、鈴鹿ドライビングレッスン中級♪

鈴鹿サーキット

今回は、鈴鹿サーキットの鈴鹿ドライビングレッスン(中級)に行ってきました。
朝8時〜夕方5時まで、鈴鹿サーキットのフルコースを借り切り、 しかもプロドライバーの講師が5人付いてのレッスン&フリー走行という、 非常に豪華なイベントです。

まず午前中最初のスケジュールは2時間ほどの座学。 一般的な車の走らせ方、鈴鹿サーキット特有の走り方等を教えてくれました。

そしてその後は8〜10台ずつ5グループに分かれて、各グループに1人ずつ講師がついて、 各コーナーのレッスンとなります。
1〜2コーナー、ヘアピン、スプーン、シケイン、パイロンスラロームの5か所のうち、 それぞれのグループが3か所を回るかたちになります。 パイロンスラロームは、スプーン内側の駐車場にパイロンを置いてのスラロームの練習、 それ以外は、実際に鈴鹿の各コーナーを使っての練習となります。
私が走ったのは、シケイン、1〜2コーナー、ヘアピンの3つで、 講師は、4時間耐久レースでいつもお世話になっている脇田一輝さんでした。
レッスンの内容ですが、 1台ずつ各コーナーの前からスタートして、そのコーナーを曲がり、少し走ったところでストップ。 (たとえばシケインでは、130R過ぎあたりからスタート、シケインを曲がって、最終コーナーを曲がって、 ホームストレートあたりでストップ。)。 それを講師が見やすい所から見ていて、ストップした所に係員がトランシーバーを持って来て、 それで講師のアドバイスを聞きます。 それを3本ほどやって次のコーナーへに行くといったかたちになります。
各コーナー、1台あたり3本ほどしか走れないのですが、非常に密度の高い3本ずつだったと思います。

昼休憩をはさんで、午後は今度はフリー走行となります。30分×2本。
まず1本目、サーキットに慣れながら、それぞれのコーナーで、 午前中の座学、各コーナーのレッスンを思い出しながらなんとか走ります。
それを各講師が各コーナーで見ていて、その後、いったんブリーフィングルームに集まり、 担当講師からアドバイスを受けたり、質問をしたりして、そのあと2本目の走行となります。
2本目の走行が終わったら、最後にもう一度ブリーフィングルームに集まり、 よくなった点、まだ改善すべき点などのアドバイスをもう一度受けて、解散となり、終了。

すごく充実した密度の濃い1日でした。初心者にもやさしいレッスンとなっていますので、 私としてはものすごくおすすめです。興味があれば、一度ぜひ参加してみて下さい。 (開催内容等は鈴鹿サーキットのホームページに載っています。)
今回はまだまだ課題が残っていますので、次に11月にも開催されるようですので、 それにも参加しようと思います。

さて、次回予定は10/12日のトライアル走行会(セントラルサーキット)です。 今回のレッスンで習ったことを思い出しながら走りたいと思います。 まだセントラルは2回目なのですが、前回よりはずっといい走り方ができると思います。

●9/9、トライアル走行会♪

岡山国際サーキット

LSDを装着して、初めて岡山国際サーキットに行ってきました。 やはりLSDはかなりの効果があるようで、コーナーの速度が非常に上がった気がしますが、 まだこの速度に慣れられず、かなりビビりながら運転しています。

LSDとは?

コーナーに進入してクリップくらいでアクセルを開けたときに、 今までは多分デフの影響でトラクションが抜けていたのでしょう、 LSD装着後はびっくりするほど加速するようになりました。 しかも、今までのアクセルを踏んだ途端に外に吹っ飛ばされるようなアンダーステアもかなり減り、 車がぐんぐん曲がって行くようになりました。 この曲がり方はかなりのもので、最初は車がスピンしようとしているのかと思いました。 この今までにありえないコーナリング速度と曲がり方、本当に怖いです。 まだ、2コーナーや最終コーナーといった、いきなりコース脇が壁になっているコーナーでは 怖くて踏んで行けません。 これに慣れられれば、もっとタイムは上がるんでしょうねぇ。頑張ります。

さて、次回は鈴鹿ドライビングレッスンに行きます。 鈴鹿サーキットのフルコースで、まる1日かけて、プロドライバーのレッスン、フリー走行などがあり、 プロドライバーに同乗してもらってアドバイスをもらえたりもするという、 非常においしいイベントのようです。

●8/18、PTG4時間耐久レース♪

キョウセイドライバーランド

今回の4耐はナイターです。 初めての夜のサーキット走行でしたが、本当に難しかったです。
まず、コースがわからない・・・
コース外側には反射板などが置いてあって大体わかるのですが、 内側のクリップが全然見えません。
どのあたりで曲がって行けばいいのか、まったくわかりませんでした。
他のチームは、どうやらヘッドライトや追加で付けているライトを、 やや外側に向けて付けているようでした。
さて、結果なのですが、途中まではいい調子で、どうやら2位を走っていたようです。 しかし終盤・・・
コース内のどこかで接触事故発生。 イエローフラッグが出てペースカー導入。 このすきにPITイン、給油をすることにしました。
ペースカーにつかまることなく順調にPITイン。 エンジンを切って給油。 さて、まだコース内はペースカーのスロー走行。 完璧なタイミングの給油でした。 給油完了、さてスタートといくはずでしたが・・・
エンジンがかからない・・・
そのとき私は、タイヤ交換の準備をしていて 給油所にはいなかった(給油所はPITとは別のところになっています。)のですが、 チームの方々があわてて走って来て、 「バッテリーがあがった。エンジンかからへん。」と言って走ってきました。
急いてブースターケーブルを探したのですが、意外や意外、 こんな車好きばかりが集まった場所にもかかわらず、なかなか見つかりません。 かなり探してなんとか見つかったのですが、思いっきり順位を落としてしまいました。
みんな、意外と持っていないもんなんですねぇ・・・。 まあ、そういう私も持っていなかったんですが・・・。
結局最終的に順位は7位。まあ、仕方ありません。 バッテリーあがりの原因は、多分、ずっとライトオン(ハイビーム)で走っていたせいと思います。 他のチームは、ナイター用に結構大きなバッテリーを積んでいるようでした。 完全にナイターの経験不足でした。(うちのチームは、ナイター初参戦。)
結果は残念でしたが、ゴールの後に花火があがり、 みんなで参加車両のシビックに乗り込んで コース内をパレードランしながら花火観賞をしたりと、 ナイターならではの楽しさもありました。

そういえば、今回初めて知ったのですが、実はこのキョウセイドライバーランド、 普段は自動車教習所とのことでした。
安全運転を教えるための教習所で、なんてことしてるんでしょうねぇ・・・
最後のパレードランなんか、1台の車に、窓やらハッチバックやら屋根やらに8人くらいハコ乗り・・・

さて、次の予定は9月初めの、トライアル走行会(岡山国際)となります。
まだ暑く、タイムは期待できないのかもしれませんが、がんばって走ってきます。

●8/14、SMSC走行会♪

鈴鹿サーキット南コース

LSDを導入して初のサーキット走行となりました。
しかし、あまりにも暑かった・・・
まったくタイムが出ませんでした。 今年2月のタイムよりも1秒以上落ちました。 夏はタイムが出ないとはいえ、ここまで落ち込むとは思いませんでした。
タイヤもドロドロに溶けて、終盤は前輪がすべりまくってました。 前輪はかなり減ってしまったのではないかと思います。もったいない・・・ とりあえず前後ローテーションでもうちょっと頑張って使おうと思います。



2008年〜現在の記録へ
2007年前半の記録へ